根津映画倶楽部(Nezu Film Club)

東京 谷根千エリアで上映会等の活動を行う根津映画倶楽部の活動

2013年のチラシ

**************************************************************
ホームムービーの日 2013 谷根千会場
今年は10/19(土)17時から
会場は日本基督教団根津教会(千代田線根津駅徒歩5分)!
**************************************************************
今年のチラシです。

2013チラシHP用

スポンサーサイト

PageTop

ホームムービーの日2011《今年の一本》上映会 in 弘前

映画保存協会(FPS)が、震災で被災したフィルムの救済窓口を開いています。詳しくはこちら
----------------------------------
12月3日に弘前で開催された世話人会議および今年の一本上映会に参加してきました。

第一部:ホームムービーの日 世話人会議
テーマ「広報活動ー第10回ホームムービーの日に向けて」
会場:財団法人木村産業研究所(弘前こぎん研究所 )
会場は、現存する日本最古のモダニズム建築。上野の文化会館や都美術館を設計した建築家前川國男が、フランスからの帰国後、日本で最初に手掛けた作品です。
会議は、世話人以外の6名を加え13人とこれまでになく盛況でした。告知の方法(何をどう強調してつたえるか)、フィルム保存へのつなげ方、まだHMDを知らない人にどうやって会場にきてもらうか、などさまざまな意見が交わされました。

第二部:《今年の一本》上映会
会場:めん房たけや http://m-takeya.com/
プログラムはこちら。http://www.filmpres.org/archives/4107
無声映画伴奏者の柳下美恵さんの演奏付き(お葬式のフィルムでは木魚の演奏も)で、各地から持ち寄った8本のフィルムを楽しみました。またたけやさんの映写機・カメラのコレクションをテーブルに並べ、即席の機材展示会も行われました。

たけやさんは、店の真ん中にグランドピアノがどんと置いてあり、さまざまなイベントがおこなわれているお蕎麦屋さんです。座敷もあり、そばだけでなく青森の郷土料理も楽しめます。連絡するのが一足遅くフィルムを捨てられてしまった、というエピソードを話しながら悔しがるたけやのご主人の姿は、大家さんというよりはむしろ世話人の一人、という感じでした。大変お世話になりました。










PageTop

映画フィルム救済・ご相談窓口

映画保存協会(FPS)が、震災で被災したフィルムの救済窓口を開いています。
(フィルムには映画だけでなくホームムービーでも大丈夫です。)

映画フィルム救済・ご相談窓口
電話 03-3823-7633
(FAX 03-5809-0370)←FAXの場合、お返事が遅くなることがあります。
E-mail info@filmpres.org
Twitter @filmpres http://twitter.com/#!/filmpres

詳しくはこちら。
http://www.filmpres.org/archives/939

被災された方にとって大切なフィルムが一本でも多く救済されることを祈っています。



PageTop